2012年02月11日

ゴルフ 低弾道

golfikeda09.jpg


泣きたくなるほどスイングが改善出来なかったとしても、わずかな練習時間で、見違えるような弾道になってしまうレッスン法がこちら








あなたも、↓の中に思い当たることがあるかもしれませんが、



■ラウンドでよいスコアを出せる気がしない

■打った瞬間、大きく曲がりはじめる

■周りのゴルファーと比べて自分だけ上達しない

■ゴルフがうまくなるきっかけが全くつかめない






世の中のゴルフ理論の多くは、提唱者がたまたまうまくいった方法を紹介しているだけというものが多く、

たとえレッスンプロであっても、その人の言うことが、本当にあなたに適したアドバイスになっているとは限りません。



仮に、あなたがレッスンプロに個人レッスンを受けていたとしても、グリップの握り方についてきちんとした知識を持っていなければ、

まず、今後の上達も思わしくないと考えたほうが良いでしょう。








golfikeda01.jpg

池田貴久さんの手っ取り早く90を切るゴルフ上達法では、

レッスンプロに習ったり、練習場に足しげく通って、ボールを打ち続けなくとも、

少ない練習時間を最大限に使って、短期間のうちに正しいスイングを身につけることができるレッスンマニュアルです。


golfikeda09.jpg


池田さんが、仕事で知り合った98人ものプロに頼み込んで一緒にラウンドし、質問攻めにしたり、

様々なレッスン書やDVDを見て研究を続けたりした結果、グリップ・スタンス・フォロースルーの3点だけ気をつければ、

後は自分の力でどんどん正しいスイングを身につけるための最短距離をすすめることを発見。


彼自身は、ゴルフを初めて2年でシングル入りをして、その後4年でPGAハンディキャップ1という実績をあげ、

最近入ったゴルフクラブでは、なんと5ヶ月という短期間ででクラブチャンピオンを獲得するまでになっています。
池田さんのその他の実績情報などはこちら


golfikeda06.jpg



手っ取り早く90を切るゴルフ上達法にあるように、

もしあなたが、フィニッシュでよろけてしまうのであれば、スイングのどこかに問題があり、

グリップとスタンスをから見直していくことで、効果的な改善策を見いだせるようになります。



golfikeda08.jpg

そのためのレッスン内容が、ステップバイステップでわかりやすくまとめられていて、

スイングがどうのこうのという前に、基本的な土台や構えを身につけることができます。





池田貴久さんのホームページには、実際に彼のレッスンのおかげでスコアアップした人たちの体験談が紹介されています。


golfikeda12.jpg


フェアウェイウッド綺麗な金属音で経験したことのない飛距離を出してくれました。

池田さん、聞いてください!とうとう95がでました。

まったく簡単に、自分自身の悪い点を知ることができたのです。驚きました。







彼らの声にあるように、池田さんのスイングレッスンDVDは、動画を見ながらの練習だけではなく、

定期的に開催されるレッスン会にも無料で参加できるようになり、毎年、全国からレッスン生が押し寄せています。

golfikeda15.jpg


あなたも、ボールをやみくもに打ち続けたり、

本当かどうか良く分からないスイング理論に振り回されることなく、↓のようになることができます。


golfikeda10.jpg


■フォーム全体もきれいになる

■ミスショットを連発することがなくなる

■みるみる飛距離、スコアが良くなる

■バーディーを連発できる








golfikeda11.jpg

スライスしてばかりだった弾道が、まっすぐになり始め、コースマネジメントができるだけのスキルを身につけるにはこちら









posted by 谷将貴 at 00:05| ゴルフ ドライバー 低弾道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。